« 続・じゅもんをあげるよ | トップページ | Amazonのバーゲンは侮れない »

2009年3月22日 (日)

地球NOTE 公開録音

 今日は先日当選した「地球NOTE」の公開録音イベントの当日。

 思ったよりも気乗りしていないのは、何なのだろう。やはり106番という番号なのか…(苦笑)。

 そうは言っても折角のチャンス。ちゃんと楽しみたいと思って、開場時間の5分前に会場到着。すると、入り口外に結構な列が。もう並び始めているのかと思い、係りの人に招待状を見せて確認すると「中へどうぞ」と案内された。受付にて番号を伝えるとそのまま列の最後尾に。外の列とは別扱いということは、こちらが招待状組なのか?と思いつつ、特に招待状の番号は何も関係なく、受付順で列がどんどん出来て行くことを不思議に思いつつ、そのまま案内されるのを待つ。

 リハーサルが押しているということで、結局開場は25分程遅れ。
 何と、入場列は私の隣の列から。つまり、自分は2列目。
 座席に着くと前から3列目でステージがしっかり見える。能登麻美子さんに関するイベントで、こんなに前であることが初めてなので、素直に嬉しかったです。バイオリン奏者の方を見ると、その先に居る能登さんの視線と合ってしまうのを妙に意識してしまうくらいです(笑)。

 14:20頃に開始し、15:20頃に終了。

 公開録音ということもあり、本放送が終わるまでは詳細を書かないという約束なので書きませんが、生演奏と語り、西表島のスライドとトークといった内容で、1時間というイベントとしては決して長いものではないものの、濃密に能登さんのトークを堪能出来た時間だったと思います。改めて、能登さんの言葉の深みというか、真摯な姿勢というか、そういうものを感じました。自分が何故応援しているのか、再認識出来た様に思えました。

 とても素敵な空間を共有し、気持ち晴れやかに帰路に着くことが出来た公開録音でした。落ち着いた素敵な空間だったと思います。

 そう言えば、通販抽選の招待状を持っている人は受付順に入場した為、あまり意味の無かった招待状記載の番号、どうやら100番が一番若い番号であった様です(ということは招待状記載の番号順であっても前の方に行けたというオチ?でした)。

|

« 続・じゅもんをあげるよ | トップページ | Amazonのバーゲンは侮れない »

能登麻美子さん」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/528591/44430809

この記事へのトラックバック一覧です: 地球NOTE 公開録音:

« 続・じゅもんをあげるよ | トップページ | Amazonのバーゲンは侮れない »