« 「テイルズ オブ マジックカルタ」到着 | トップページ | 「日常 (六)」オリジナルアニメDVD付き限定版と「なのエース」 »

2011年3月24日 (木)

「オトメディウス オリジナルサウンドトラック」到着

Dscf2791 先日コナミスタイルにて予約した「オトメディウス」のサウンドトラックが発売日である本日、無事に到着しました。同日発売予定だったXbox360用ソフト「オトメディウスX」が来月に延期されたのを受けて、サントラも同じだと思っていただけに、予定通りに発売してくれたのは嬉しいの一言。ゲームソフトは店頭にて予約していたので、サントラのみの注文だった私は発売日に問題なく到着したのですが、一緒にソフトも注文していた人は別送してくれないので1ヶ月待たされてしまうのは少し可愛そうかな…。

 で、早速開封、聴いてみました。

 今回のサントラはCD3枚組で、アーケード版、Xbox360版「ゴージャス」(有料DLCでのアペンドBGM7パック含む)に加え、最新作「エクセレント」のOP「flv(short ver.)」とED「オトメティック」がボーナストラックとして収録されています。

 有料DLCはエリュー・トロンパックのみを当時は購入していたので(「沙羅曼蛇」&エリュー好きなものですから)、その他は初めて聴けるということで楽しみにしていました。アレンジャーが、古川もとあき氏、東野美紀さんという鉄板を初め、古代祐三氏、メタルユーキ氏、スーパースィーブ、山根ミチル氏、桜庭統氏など垂涎もの。ましてや、アレンジバージョンではなく、「オトメディウスGの為に作られた曲」な訳ですから、余計に必聴と感じます。

 収録は勿論2ループ仕様。フェードアウトが気持ち早い感じはしますが、まぁ何とか許容範囲かな…。それはそうと、改めてこうして「オトメディウス」のサウンドを聴いて、目を瞑ると浮かんで来るのは不思議と「オトメディウス」の世界観とは別にある、元々の「グラディウス」シリーズの戦闘の数々だったり、「ツインビー」での冒険感だったりします。音色に「ツインビー」を、メロディラインに「グラディウス」シリーズを感じるからだと思いますが、それらの魅力を全く損なわずにゲームを彩るBGMとして、本編演出の邪魔をしていないのが改めて分かり、感心しまくりでした。何よりも、多くの楽曲がコナミシューティング黄金期のBGMな訳で(「サンダークロス」や「XEXEX」もあり)、そのメロディラインの印象深さは思い出と共に蘇り、胸をも熱くさせるものがあり、アレンジの素敵さと相俟って感激することも多かったです。

 収録時間はDisc.1が47分、Disc.2が75分、Disc.3が65分となかなかのボリューム。タップリと「オトメディウス」や原曲の作品群の世界に浸れること請け合いです。コナミスタイル専売ですので、購入出来るうちに是非!

[2011.04.22追記]

 全然気が付かなかったのですが(ブックレット見ながら聴いていた訳ではないので)、サントラ収録内容に不備があったとのメールが来て交換を依頼。本日、交換品が届きました。ディスク交換ではなく、パッケージ交換でした(配送業者にパッケージごと渡しました)。にしても、先の「メルヘンヴェール」といい、サントラ系の不備・交換が続いているのが気になるところです。商品製作がいい加減に行われている様な気が…(汗)。

|

« 「テイルズ オブ マジックカルタ」到着 | トップページ | 「日常 (六)」オリジナルアニメDVD付き限定版と「なのエース」 »

ゲーム」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「オトメディウス オリジナルサウンドトラック」到着:

« 「テイルズ オブ マジックカルタ」到着 | トップページ | 「日常 (六)」オリジナルアニメDVD付き限定版と「なのエース」 »