« 村川梨衣 2ndアルバム「RiETiON Premium Live Party!!!」参加 | トップページ | 「TOKYO GAMETAKT 2018:オーケストラで奏でる名作RPGの音楽」公演参加 »

2018年4月29日 (日)

「THE IDOLM@STER SideM 3rdLIVE TOUR~GLORIOUS ST@GE~」静岡公演初日・2日目LV参加

 「アイドルマスター SideM」の3rdライブツアー、開幕である幕張2Daysをライブビューイングで参加した後、間の仙台、福岡公演は見送って最終地である静岡公演2Days(こちらも両日ライブビューイング)に参加しました。元々は千秋楽のみ参加する予定だったものの、手違いで静岡公演初日もチケットが用意されたので両日参加することに。仙台、福岡も含めて全部参加しても良かったのですが、現状そこまでは予算や時間を優先出来ないので「ここだけは!」という公演のみ参加が適えばということで。

 初日はいつものHUMAX池袋、2日目はLVとしては初となるイオンシネマ東武練馬で鑑賞。先行でのチケット争奪が落選となったため一般販売での入手となったため、確保出来た席はどちらも最前列の端(汗)。どんな風に見えるのか、どこまで楽しめるのかは全く分かりませんが、折角参加するからにはしっかり楽しめるに越したことはない。ツアー開幕の幕張の熱量を知っているのできっと大丈夫。

 初日はMCを神速一魂が担当するということで、ある意味主役。その中でどんな公演になるのか想像する訳ですが、参加するメンバーで考えれば一人欠いた彩がどんなステージを見せてくれるのかも大きなポイントです。ツアー中に発売された3rd Anniversaryの記念盤3枚目の曲も披露されるでしょうし、ツアーの熱を繋いで来た最終目的地。LVの最前列端というのはやはり視界的に辛い(首痛い)ものの見えるには見えるので、ライブの熱量に身を任せて楽しむだけ!

 開演して公演が進行する中で強烈に感じたのは「ツアー開幕からの2ヶ月半でこんなに熱量上がる!?」というくらいに各メンバーのパフォーマンスレベルが向上していること。全ユニットが揃ったツアー初日は全員のお披露目と挨拶、そして主役はJupiterだったという印象を除いても、ツアーを共にする中で学んだり刺激を受けたりして育まれた絆が見せ付ける信頼関係。2ndライブや幕張公演で体験した歌でも滾り方が違う。特にカメラ目線や完全に陶酔しているトランス具合、個々のアイドルがその場に居るように錯覚するほどの仕上がりは同性としても惚れるほどのカッコ良さに溢れていました。MCの神速二人も良かったのですが、やはり主役は彩の二人。キリオの山下くん不在であることをマイナス要因と感じることなく、逆にキリオの存在をしっかり感じさせてくれるほどの全力パフォーマンスは素晴らしいの一言。CafePareの極上のチーム感、Alteの演出不要の存在感、FRAMEの解き放たれた魅力、Wの本物の双子感など、常にSideMの柱となっているドラスタをも脅かす(っていうか敢えてドラスタは一歩引いた感も?)存在になって来たことをとても頼もしく嬉しくなる。3年(ユニットによっては2年)でここまで来てしまうなんて、アイマス史上最速のレベルアップじゃなかろうか。

 そんな感想を持って臨んだ2日目はステージ上のユニットが半分くらい変わるので、また違った成長や化学反応が見られるだろうと思ったら、想像を超えたものが眼前に広がって本当に「出し惜しみ無し!」という千秋楽を見届けることになりました。初日に「ドラスタ一歩引く」的な感想を持ったのも束の間、2日目を体験したら「やっぱりドラスタ凄ぇ、引く気なんて無い!(序盤に「MOONNIGHT~」を投入し、ジャケットアクションもカメラへの視線も本当に笑っちゃうくらいに素晴らしい熱)」という感想に書き換わるくらいでした(笑)。それぞれのユニットがこの3rdツアーで経験して力にして来たものが全て投入された様なステージは、昨日のAlte、FRAMEにハイジョの結束と自信(「Sunset★Colors」の自らの生バンド素敵だった)、S.E.Mの安心感が加わり、その中でドラスタ3人のソロがリレーして最後に輝く「ARRIVE TO STAR」に繋がるのが本当に胸を焦がす流れでした。勿論、途中のAlteの「Opus」からの土岐さんのソロ、その流れを一気に転換したヨシキのソロ、新イベント「World TRE@SURE」の曲が唄われるとは思っていたけれど、サプライズで益山さん勇成くんが来てくれたことも含めて「315プロ」としての団結力をまざまざと見せつけられました。

 新情報としてはあっさりしたものしかありませんでしたが、今回発表されたニコ生にてアニメ2期が発表されるのかな…と期待しています。

 今回、2日間ともライブビューイングだった訳ですが、可能なら現地で体験したかったな…と特に思った公演でした。座席的な問題は勿論ありますが、やはりSideMのLVは現地以上に周囲に気を遣ってしまうので…(^^;;(今回、初日は隣の女性が終始ずっとぶつぶつ言っていて、こちらに対して文句を言っている様にも聞こえたので凄く気が滅入り尚更でした)

 改めて「SideM」も自分なりに見守りつつ一緒に楽しんで行けたら嬉しいな、と感じることが出来た3rdライブツアー。仙台や福岡の公演も見届ければ良かったという気持ちがあるので、メディア化は是非全公演をお願いしたいです!!

【付録:セットリスト】

4/28(土) 4/29(日)
1. Reason!! 全員 1. Reason!! 全員
2. VICTORY BELIEVER W 2. HIGH JUMP NO LIMIT High×Joker
3. 勇敢なるキミへ FRAME 3. Study Equal Magic S.E.M
4. Tone's Destiny Altessimo 4. MOON NIGHTのせいにして DRAMATIC STARS
5. RIGHT WAY, SOUL MATE 神速一魂 5. Legacy of Sprit Legenders
6. A La Carte FREEDOM♪ Cafe Parade 6. Tone's Destiny Altessimo
7. STARLIGHT CELEBRATE! DRAMATIC STARS 7. Swing Your Leaves FRAME
8. ぴんとこな ~蝶よ華よ~ バレッタ 8. Undiscovered WORLD 駒田
9. 流るゝ風の如く ~和敬清寂~ 中田 9. Symphonic Brave Legenders
10. 桜彩 彩(バレッタ・中田) 10. Never end 「Opus」 Altessimo
11. 我が混沌のサバト・マリアージュ 古川 11. Sanctuary World 土岐
12. Reversed Masquerade Cafe Parade 12. GOLD ~No.79~ 中島
13. The 1st Movement ~未来のための二重奏~ Altessimo 13. サ・ヨ・ナ・ラ Summer Holiday S.E.M
14. 冬の日のエトランゼ DRAMATIC STARS 14. 夜空に煌めく星のように DRAMATIC STARS・High×Joker
15. Swing Your Leaves FRAME 15. 永遠なる四銃士 仲村・熊谷・笠間・益山
16. Happy-Go-Unlucky! 16. トレジャー・パーティ! 濱・白井・菊池
17. GO AHEAD SMILE! 増元 17. サイコーCOUNT UP! 野上
18. LEADING YOUR DREAM W 18. Sunset★Colers High×Joker
19. MOON NIGHTのせいにして DRAMATIC STARS 19. 勇敢なるキミへ FRAME
20. 笑顔の祭りにゃ、福来る 彩(バレッタ・中田)・神速一魂 20. 約束はドリーミングフライト 八代
21. 喝彩!~花鳥風月~ 彩(バレッタ・中田) 21. Because 内田
22. バーニン・クールで輝いて 神速一魂 22. THE FIRST STAR 仲村
23. Beyond The Dream 全員 23. ARRIVE TO STAR DRAMATIC STARS
24. Beyond The Dream 全員
アンコール
24. GLORIOUS RO@D 全員 25. GLORIOUS RO@D 全員
25. DRIVE A LIVE 全員 26. DRIVE A LIVE 全員

|

« 村川梨衣 2ndアルバム「RiETiON Premium Live Party!!!」参加 | トップページ | 「TOKYO GAMETAKT 2018:オーケストラで奏でる名作RPGの音楽」公演参加 »

アイドルマスター」カテゴリの記事

ライブ・イベント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/528591/66698242

この記事へのトラックバック一覧です: 「THE IDOLM@STER SideM 3rdLIVE TOUR~GLORIOUS ST@GE~」静岡公演初日・2日目LV参加:

« 村川梨衣 2ndアルバム「RiETiON Premium Live Party!!!」参加 | トップページ | 「TOKYO GAMETAKT 2018:オーケストラで奏でる名作RPGの音楽」公演参加 »